VISION OF EARTH    大地の素顔 -自然と風景-

Wonderful World  旅と写真

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< MONUMENT VALLEY 2 〜NAVAJO TP〜 | TOP | アメリカの旅 >>

2015.05.19 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - |
    2013.12.01 Sunday

    MONUMENT VALLEY 1 〜NAVAJO TP〜

    0
       
      モニュメントバレー アリゾナ、ユタ州内ナバホ居留地トライバルパーク

      ビュートと呼ばれる残丘、メサと呼ばれるテーブル型台地が点在し、これまで数々の映画やCMの舞台となってきたモニュメントバレー。特に印象に残っているのは藤井保さんが撮った「マグライト」の広告写真。僕の中ではこれまでアメリカで観たい風景ベスト5にいつも入るところでした。




      もっともティピカルでこの地を代表するスリーミトンズ。最も高いところで328mあります。東京タワーとほぼ同じですね。












      モニュメントバレーを含むナバホ居留地の面積は東北6県とほぼ同じ。何もない荒涼とした大地が果てしなく拡がっています。








      トライバルパーク内の道は全てダートで4WD車以外は入れません。







      ところどころ崩れています。
      完結された風景ではなく日々変化しています。
































      ナバホ人ガイドによる唄声が響きます。。とてもスピリチュアルです。







      全米のナバホ族30万人のうち25万人はナバホ居留地に暮らし、そのうちモニュメントバレーには300人が暮らしています。現在は観光業をメインに羊や馬など牧畜業で生計を立て、泥と藁で造った半球状の住居(ホーガン)で暮らしています。
      アメリカ合衆国の中では自治権が認められ独自の法律や警察を持ちほぼ独立した形となっています。
































      いやいや出てきました。。笑































       

      2015.05.19 Tuesday

      スポンサーサイト

      0

        05:04 | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        トラックバック機能は終了しました。

        トラックバック

        ▲top