VISION OF EARTH    大地の素顔 -自然と風景-

Wonderful World  旅と写真

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.05.19 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    | - | - | - | - |
    2013.08.05 Monday

    志賀高原 盛夏

    0
       
      2013年7月27日~29日 志賀高原

      この夏も昨年と同じ埼玉の小学5年生の林間学校に同行させてもらいました。
      たった3日間の自然体験活動ですが、都会の子どもたちにとっては普段経験しないかけがえのない体験になったようです。
      自然の中を駆け回った自分の小学時代を毎回思い出し、もう一度あの頃のピュアな自分に戻りたいなーなんて思ったりします。

      登山
      池・湿原ハイキング
      キャンプファイヤー
      ホタル観賞



      笠岳と前山湿原







      渋池















      四十八池








































      大蛇と黒姫伝説の残る大沼







      世界一強酸性の草津白根山お釜






      2013.07.10 Wednesday

      谷川岳 一の倉沢 

      0
         
        2013年6月26日 谷川岳 マチガ沢 一の倉沢


        北アルプス穂高、剣岳と並ぶ日本三大岩壁 谷川岳・一の倉沢の麓をトレッキングしてきました。生憎の雨で衝立岩をはじめとした1000mの大岩壁の全貌は拝めませんでした。が、峻厳な雰囲気そして戦後、この岩に挑み、そして死んでいった男たちの念は十分感じ取ることができました。





























































        2013.06.11 Tuesday

        尾瀬

        0
           
          2013年6月2日~3日 初夏の尾瀬

          3年ぶりに尾瀬を歩きました。
          ブナをはじめとした樹々の新緑、満開のミズバショウ、風の爽やかさでこの時期は尾瀬のベストシーズンですね。
























          至仏山2228m 日本百名山
          日本の山では珍しく蛇紋岩でできています。
          残雪が美しい山です。












































          燧ケ岳2356m 日本百名山
          東北・北海道の中では最高峰です。






































           

          2013.02.21 Thursday

          栂の森

          0
             






            暇つぶしに作った雪だるまが朝には二倍に膨れてました。。




            雪を溶かして熱い珈琲を淹れます
















            キツネの親子が出てきそうな栂の森でした。


            2012.12.18 Tuesday

            日本のスキー場 1

            0
               
              秋があっという間に過ぎ、日本列島は本格的な冬の時期を迎えました。
              先日は長野・菅平高原で−20度と今シーズンの最低気温を記録しました。
              菅平高原で?というのが意外でしたが。。
              風邪などひかないように気をつけてくださいね。

              今週に入り各地のスキー場がオープンしてきました。
              僕のスキー・スノーボード歴はもう20年になります。
              だけど、ある時期からレベルが一向に上がりません。
              学生の頃はインカレスキー部に所属し、他大学とともに冬は毎年どこかのスキー場で合宿をし、ツアーで都会からやってきた初心者の方へレッスンをしていました。
              今にして思えば、ライセンスを持っている訳でもないのにレッスンなんて、ほとんど詐欺ですね笑。
              ごめんなさい。

              ここ3年はゲレンデより、より冒険・危険要素の強いオフゲレンデ、バックカントリーのほうへ行くことが多くなりました。でもバックカントリーは常に危険(岩、崖、雪庇、雪崩など)と隣り合わせなので、慣れていない方はゲレンデの中級以上のコースが滑れるようになってから挑戦して下さいね。
              僕の友人も去年バックカントリーで危うく上半身不随になるほどの大怪我を負ってしまいました。3ケ月ほど星飛雄馬のような矯正ギブスをしていました。目的は全く違いますが笑

              また、今年は以前のように日本への外国人スキー客の方が戻ってきそうな気がします。気のせいかな?韓国、台湾、中国はもちろんですが、かつて北海道ニセコや富良野に溢れていたAUSやNZからのお客さんが戻ってきそうです。
              北海道の他には、日本でしか観られない樹氷を目的に蔵王、信州の野沢温泉や志賀高原なども人気があります。北信はいい温泉がたくさんありますし、地獄谷の温泉に入るスノーモンキーを観るための方も多いようです。
              一方、北米やヨーロッパからくる方はほとんどいませんね。以前、オーストリアとイタリアで滑ったことがありますが、ヨーロッパのスキー場は日本とは比べられないほどコンディションや環境がいいです。スキー場の歴史も長いですし、競馬と同じように大人の社交場として、また文化・スポーツとしてスキーが定着しているように感じます。日本と違い若者より50S、60Sの方のほうが圧倒的に多いですね。




              戸隠スキー場

              日本でも有数のパウダースノーに恵まれたスキー場。
              珍しく、スキー場がパワースポット(vortex湧出地)とされています。

              しっー。泥棒さんじゃないよ。。



              こんな暖炉のある小屋いいですね。







              戸隠連峰











































              正面に黒姫山








              白馬岩岳スキー場

              白馬ではマイナーなほうなので人が少なく春半ばまで長く滑れるスキー場


































































































              福島 グランデコスキー場

              好きなところのひとつです。日本最南限の樹氷が西大巓山頂付近で観られます。





















              西大巓山頂方向



              正面に会津磐梯山
















              山形 蔵王温泉スキー場

              とにかくフィールドが大きいです。あと、滑った後の温泉がいいですね。
              蔵王温泉は草津温泉、玉川温泉に次ぐ強酸性でお肌の弱い方は要注意です。







































              2012.12.18 Tuesday

              戸隠山 

              0
                 
                2010年2月 戸隠山と鏡池

                厳冬期、北信五岳のひとつ戸隠山の麓と鏡池をトレッキングしました。
                日の出前のマイナス10度の凛とした空気の中、アニマルトラッキングを探し、野鳥のさえずりを聴きながら。。









































































                凍りついた湖の真ん中に1本の立ち枯れの木があります。
                心惹かれる立木です。














                2012.11.12 Monday

                Panoramic views―八ヶ岳―

                0
                   
                  2012年11月9日〜11日
                  八ヶ岳トレッキング


                  八ヶ岳・編笠山〜権現岳 そして 観音平〜美し森の秋色を求めてテント縦走しました。

                  夏の富士登山以来、(中国の4000mを除いて)山に登れてなかったのでかなり身体が鈍ってましたー。。
                  ザックに2日分の食料、テント用具一式やら何やら、、15kgを担いでの25kmの道のりは、、、後半かなりバテバテでした。

                  関東平野もようやく最近になって最低気温がヒトケタになってきましたね。
                  冷えてきましたー。風邪などひいてないですか?
                  広葉樹の樹種にもよりますが、紅葉は一日の最低気温が8℃で色付き始め、5℃になる頃にそのピークを迎えます。

                  八ヶ岳は最高峰・赤岳が2899m、麓の清里や甲斐小泉でも1300m〜1100mあります。
                  ちょうどこの頃、2000m以上の稜線上は紅葉を終え、冬の装いを始めます。3日前は雪も降ってます。八ヶ岳は北アルプスから吹き降りた風が乱気流を巻き起こし、毎年悪天候による遭難事故もかなり起きています。麓の標高1000m〜1500mがまさに紅葉の真っ最中でした。


                  夏の阿寺・上高地以来、久しぶりに一眼レフを手にしました。依頼されたお見合い写真の撮影、舞台撮影を除いて。レンズはフィルム時代のニッコール35mmF1.4の単焦点レンズ1本のみです。あとは、コンデジを1機。
                  最近はデジタルカメラを使うのは当たり前になってますが、その機能をうまく活用できている人はとても少ないように感じます。僕も含めて。 
                  例えば、紅葉を撮影する際、風景モードで尚且つ彩度、色温度、コントラストを少し高めに設定するだけで仕上がりは全然違ってきます。だいたい人間の観た感じに近い写真になるはずです。イマイチ写真の出来に満足できない 、観たイメージと違うという方は、面倒くさがらずいろいろ機能試してみるといいと思います。
                  きっと自分の好きな感じが掴めると思いますよ。

                  風景との出会いも一期一会、いい瞬間は記憶と記録に残せるといいですね。





                  八ヶ岳の紅葉というか、黄葉ですね の代表は、何といってもカラマツですね。
                  整然と並んだカラマツ林はこの季節が最も美しいと感じます。



                  東沢から、権現岳、赤岳、牛首山






                  奥秩父方面






                  2012.11.12 Monday

                  Autumn in Yatsugatake

                  0
                     





















                    2012.11.12 Monday

                    Forest of Yatsugatake

                    0
                       


































                      2012.11.12 Monday

                      八ヶ岳の蒼 星空 

                      0












                        八ヶ岳周辺特に清里から野辺山にかけては、日本で最も星空の美しいところとして知られてますね。以前観た四万十川や屋久島と同じくらい壮大で美しい星空でした。
                        この日も満天の星空でしばしの間、天空の天体ショーに魅入ってしまいました。
                        テントの外は、気温3℃でかなり冷えてましたが、熱い珈琲とコーンクリームスープで何とか身体を温めます。。

                        −低緯度オーロラの奇跡−
                        以前、富士山のところで書いたのですが、日本にも過去、オーロラが観測された記録があります。低緯度オーロラと呼ばれますが、ここ八ヶ岳も2003年10月に観測されました。
                        地球を取り巻く環境の変化で今後は日本でも頻繁に観られるかもしれませんね。



                        この夜は美し森の少し上の森の中でテントを張ったのですが、キャンプ場からはかなり離れていて、誰もいない静かな夜を満喫しました。21時頃、あたりのクマザサが獣ののっしりとした足音でゆさゆさと音を立て、僕のテント5mのところまでやってきてピタッと音が止みました。そういえば、テントの外に料理した鍋やら食材の余りやらを置いたままだったので匂いを嗅ぎつけやってきたのでしょう。。
                        この時期、冬眠をするクマたちは脂肪分を豊富に蓄えるため、麓にまで降りてくることもあります。
                        (緊迫。。。。)
                        念のため、ホイッスルを握りしめます。クマは突然の大きな音に弱いといわれているからです。これで9割がたは逃げていくはずです。残りの1割はなんとか対処してください!万が一、重症を負ってもその笛音で助けがきて、早く救助される可能性も高まりますし。
                        ホイッスルがなければ、鍋でもやかんでも(やかんは無いか。。)何でもいいと思います。
                        わずかな時間でしたが、その場に立ち止まり、そしてまた静かにのっそりと去っていきました。
                        朝、起きてササの崩れ具合、足跡らしきものからクマだったと確信しました。

                        八ヶ岳周辺はクマ目撃多発地帯です。昼間も銃を携えた漁師の方を3人見かけました。
                        不覚でしたが、食料の管理などは気をつけないといけないですね。クマは本来臆病なので人間には近づかないものですが、それでも、もしあの時、テントの外にいて偶然鉢合わせしたかと思うと少しゾッとします。もっとも、脂肪分の極めて少ない僕を見たら食欲をそそられず引き返したかもですが泣 
                        かわいく、クマさん!なんて言ってられないですね笑







                        三味線滝


                        ▲top